サプリメントに配合されている成分で、「トンカットアリ」というものを聞いたことはありますか?
名前だけ聞いても何モノか全く想像できませんが…マレーシアなどの東南アジアで古くから男性らしさを手に入れるための強壮剤として使われています。筋肉がしっかりつくのは男性ホルモンの働きによるもので、男性らしさの特徴の一つですね。近年ではトンカットアリがトレーニングの場面にも利用されているのが目につきます。
男性らしさを手に入れられるトンカットアリには筋肉増強するのにどういう効果があるのでしょうか?
本記事ではトンカットアリの効果と副作用についてご紹介します。

トンカットアリとは?

「トンカットアリ」“Tongkat ali”というマレー語で、少し聞き慣れない言葉ですね。
マレーシア辺りの熱帯雨林の地域に生息する植物でマレー人参と呼ばれることもあります。強壮剤として「マカ(ペルー人参)」や「高麗人参」も有名ですが、植物の根っこには体の働きを強化する栄養がたくさん入っているのですね。

原料となるトンカットアリは栽培が難しいため流通しているものは野生のもので、マレーシアでは伝統的に希少価値が高い強壮剤として親しまれています。

トンカットアリに期待できる効果

トンカットアリには、様々な成分が含まれています。アルカロイド、ユーリペプチド、グリコサポニン…など、さらに聞き慣れない成分が並びます。難しい成分の名前は気にせず、気になる効果を確認していきましょう。

トンカットアリの注目すべきもう一つの効果は、「テストステロン」の分泌量増やすという点です。テストステロンブースターと呼ばれるサプリメントにトンカットアリが含まれていることもあります。
テストステロンは男性ホルモンとも呼ばれますが、男性が生き物としてオスらしくあるためのホルモンです。
生殖能力に影響を与えますが、その他にも狩猟や縄張り争いのための筋肉をつけるためのホルモンテストステロンです。

筋肉がしっかりついている人はテストステロンの分泌量が多いと言われていますが、残念なことに20歳前後で分泌量が減少する傾向があります。
トレーニングをしてもなかなか筋肉がつかない場合は、日常生活でテストステロンが十分に分泌されるための栄養が足りていないかもしれません。

トンカットアリを使用することでテストステロンの分泌を促して、筋肉量の増大を期待しましょう!!

また、成分の一つである「サポニン」は苦味成分で、「良薬口に苦し」というように体にいい効果がたくさんあります。
体内のコレステロールの除去、脂肪蓄積の抑制、免疫力向上、肝機能向上など、サポニンだけでもとても魅力的な効果が期待できます。
他の成分にも、抗がん性や抗腫瘍性、血行改善、免疫力向上など健康のための効果もあるようなので、筋トレ以外の場面でも役に立ちそうなトンカットアリですね。

気になる副作用は?

トンカットアリは最初に書いたように、天然の植物で人体には無害だと報告されています。生薬や他のサプリメントを飲むように安全に使用することができます。
問題があるとすると使用する容量オーバーで肝臓や腎臓が負担をかけてしまうので要注意です。中には腹痛などの症状が出る場合もあるので、体に合わなければ使用を中止して医師や専門家に相談しましょう。

また、トンカットアリは禁止薬物ではありませんが、天然のステロイドを含むこともあるので薬物検査対象の競技活動をしている方は使用を避けましょう。

まとめ

トンカットアリは東南アジアで古くから伝わる滋養強壮の生薬として親しまれてきました。その効果は、免疫力向上や血行改善などの健康に関するものだけではなく、男性ホルモンの分泌量を促進する働きがあります。筋肉を大きくするための男性ホルモンの分泌量は現代の食生活によって減少していると言われています。トンカットアリの力を借りて筋肥大のスピードアップをしていきましょう!