ランニングする姿
ダイエットを始めたことがある人はわかるかもしれませんが1週間~1ヶ月続けるのだけでもモチベーションを保つのに難しく、多くの方は挫折してしまいます。

なぜ挫折するのかというと、ダイエットの醍醐味である脂肪燃焼は有酸素運動が効果的と言えど長い時間かけておこなっても思ったような効果が見られないからです。

そこで、HMBを使って有酸素運動をすることがかなりおすすめだという理由を聞いてもらえれば、効率良くダイエットができるきっかけになりダイエット熱が再燃するのではないでしょうか。

HMBが脂肪燃焼を促進するわけではない

NOの文字を書く人

冒頭文を見てしまうと勘違いしてしまう人も多くなってしまうのですが、HMB自体に脂肪燃焼効果というものはありません。

では、どのような効果が脂肪燃焼をサポートするのかというと、筋肉増強と筋肉の分解を抑制する働きです。

有酸素運動で脂肪燃焼したいのに、筋肉増強することや筋肉の分解を抑制することが何の役に立つのかわからないという人も多いかと思うので詳しく解説していきましょう。

HMBの筋肉増強効果が太りにくい身体をつくる

腹筋を見せるボディビルダー

HMBは2000年に海外で流行した成分で、日本には2010年に販売解禁された新しい注目成分です。

3-ヒドロキシイソ吉草酸という馴染みのない名前を持っていますが、簡単に説明すると身体の健康を保つ上で必須なアミノ酸の一種であるロイシンが代謝されるとこのHMBになります。

このHMBは筋肉を強くするために必要な成分でありますが、肉や野菜といった食品から摂取するHMB量は微量なため、理想的な摂取量には満たないことが多いです。

このHMBを理想的な摂取量をとることができれば、有酸素運動や筋トレを行った際に負荷を与えられた筋肉を回復させて頑丈にしてくれます。

筋肉というのは脂肪よりもカロリーを消費するため、何もしていなくても筋肉があるほうが1日の消費カロリーというのは増えていきます。

痩せていく簡単な仕組みとして、摂取カロリーよりも消費カロリーが大きければ痩せていくということになるので、HMBを摂取して有酸素運動を行うと筋肉が効率良くつき、消費カロリーが増えて太りにくい身体になるということなのです。

有酸素運動で分解される筋肉をHMBが抑制

STOPと書かれた手を

筋肉というのはトレーニング後に休ませることで回復して頑丈になるように太くなっていきますが、回復せずに分解されてしまう筋肉というのも一部あります。

この筋肉も分解せずに頑丈にしてしまえば、より筋肉が効率良くつきますので消費カロリーが増えるということです。

HMBは筋肉が分解されてしまうことを抑制しますので、まさに筋肉をつけたい人にとっては理想的な成分であると言えるでしょう。

また、筋肉をつければ消費カロリーが増えるので、ダイエットをするにはうってつけだということがわかるはずです。

筋トレよりも筋肉に負荷がかからない有酸素運動ですが、それでも筋肉分解は起こってしまうので、どうせダイエットをするのであれば飲むだけで太りにくくなるHMBを活用しない手はないのではないでしょうか。

筋肉をつけると腕・脚が太くなる?

ダイエットをする男女比の割合というのは圧倒的に女性が多いです。

しかし、ダイエットには筋肉をつけることが一番痩せやすいのですが、筋肉をつけると腕や脚が太くなるから嫌だと効率の悪いダイエットをする人がいます。

しかし、筋肉というのは鍛える部位によってさほど太くならない部分もあり、インナーマッスルはまさにその代表と言えるでしょう

インナーマッスルは身体の内側にある筋肉の根幹を担う筋肉群で、その筋肉を鍛えることによってスポーツのパフォーマンス力も向上するとして注目を浴びています。

この筋肉群を鍛えることで腕や脚を必要以上に太くする必要なく痩せやすくすることが可能なので、有酸素運動と一緒に取り入れてみることも検討してみると良いでしょう。

HMB+有酸素運動で筋肉をつくり脂肪を燃焼させる

スレンダーな身体を見せる女性

HMBは筋肉を増強させて分解を抑制する効果はありますが、運動をしなければその効果も十分に発揮することはできません。

また、脂肪を燃焼させるために最適な運動というのはウォーキングやランニングなどの有酸素運動です。

つまり、HMBと有酸素運動を取り入れて筋肉をつけて太りにくい身体にして、脂肪を燃焼させていけば、いままでのダイエットがどれだけ効率の悪い方法を用いていたかと文字だけで想像つくかと思います。

ダイエットを行う上で非常に重要なのが、痩せていることが目に見えてわかるということです。

それは体重に表れる、身体をみたときにお腹が引っ込んできたような気がするといった小さなことでも良いでしょう。

この目に見えてわかる期間が短ければ短くなるだけモチベーションを維持することができ、継続するためのきっかけになると私は思います。

HMBと有酸素運動はダイエットを行ううえで非常に相性ぴったりな2つだと言っても過言ではないでしょう。

まとめ

ダイエットを行う上で大切な「痩せる」ということですが、ただの有酸素運動ではなくHMBを取り入れることで、効率良く痩せやすくなるということがわかったかと思います。

HMBはカプセル・錠剤・粉末といったタイプに分かれており、運動前後に摂取するだけで良いので手間に感じることはまずありません。

それだけで有酸素運動をよりダイエットとして役立つものにすることができますので、ぜひダイエットを始めるのであればHMBを取り入れることを検討してみてください。