お腹を抱える男性

筋肉に働きかけてトレーニングの質を高めてくれるHMBですが、飲むことによって腹痛を誘発してしまうということを聞いたことがあると思います。

お腹が弱い人や副作用が気になる人にとって、腹痛が起きてしまうサプリメントなのであれば期待できる効果は嬉しいけども使用するのはためらってしまうでしょう。

ではHMBを飲んで腹痛になる可能性はあるのでしょうか。

HMBで腹痛になる可能性は低い

腕を曲げて笑顔の男性

現在HMBサプリメントは、海外だけではなく国内でも生産されて販売されていますが、国内で製造されているHMBサプリメントに関して言えば腹痛になる可能性は低いです。

HMBはロイシンと呼ばれるアミノ酸が体内で代謝されたときにできる化合物で、筋肉にとって栄養となる物質となっています。

このロイシンやHMBは特に胃腸を刺激する作用を持っているわけであはりませんし、牛乳に含まれている乳糖のように日本人に多い乳糖不耐症によって腹痛・下痢を引き起こすというものでもありません。

なので、基本的にはHMBサプリメントを摂取しても腹痛になる可能性はないと考えておきましょう。

海外のHMBサプリメントは合わない可能性がある

国内で製造されているHMBサプリメントという書き方をしたのは少し例外があるということを知ってほしいためです。

いくら栄養がある成分でも過剰に摂取してしまうと副作用が出てしまうのと同じようにHMBを大量に摂取してしまうと腹痛になってしまう可能性があります。

元々海外で作られているHMBサプリメントというのは海外の方の体質に合わせてつくられているため、日本人の体質に合わせて作られてはおらず腹痛になってしまう可能性があるのです。

HMB自体はお腹を傷める副作用はありませんが、ものによっては腹痛を起こしてしまうリスクがあるということを覚えておきましょう。

腹痛以外の副作用は?

腹痛以外にも気になるHMBの副作用ですが、今のところ重大な副作用の症状が出たという報告はありません。

そのため、基本的には服用を続けていても問題はないかと思いますが、安全であるかどうかを見極める機関であるFDA(アメリカ食品医薬品局)にはHMBの記載がないため、100%安全性を確立しているかと言われればそうではないです。

しっかりと安全性を確立したものを摂取したいということであれば、服用は避けたほうが良いかもしれませんが、さほど気にする必要はないでしょう。

クレアチンやプロテインで腹痛が起こる可能性がある

驚く男性

トレーニング前後に摂取するものとしてHMBだけではなくクレアチンプロテインがあります。

この2つの成分は、人によっては腹痛を起こしてしまう可能性があるので、HMBを飲んで腹痛が起こってしまったという人は、その他に摂取しているサプリメントにも着目してみると良いでしょう。

クレアチンが腹痛を起こしてしまう理由

クレアチンという物質は筋肉の持久力を上げてトレーニングの効率性を上昇させるため、HMBと併用することをおすすめされることが多いです。

しかし、クレアチンの成分上お腹が緩くなってしまうことがあり、それによって腹痛を起こしてしまうこともあります。

しかし、できる限り空腹時の摂取は避けてあまり多くの量を摂取しないようにすれば避けられる問題なので、クレアチンを併用摂取している人は飲むタイミングと摂取量に気をつけるようにしましょう。

プロテインが腹痛を起こしてしまう理由

HMBだけでは筋肉の栄養補給は不十分なため、筋肉に必要な栄養素であるタンパク質・アミノ酸を含むプロテインを摂取しているという人も多いでしょう。

しかし、プロテインによっては腹痛を起こしてしまうものがあり、その種類に気をつけなくてはなりません。

日本で販売されているプロテインは主に3つあります。

国内販売されているプロテイン

  • ホエイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ソイプロテイン

この3つの内腹痛になる恐れがあるプロテインはホエイプロテインカゼインプロテインです。

この2つのプロテインは牛乳に含まれている乳糖が配合されているため、腹痛やお腹がゆるくなってしまうことが考えられます。

しかし、WPC製法やWPI製法かによって乳糖の配合量が分かれるため、ホエイプロテインやカゼインプロテインを摂取する場合は乳糖の量が少ないWPI製法のものを選ぶようにしましょう。

ただし、WPI製法の方がタンパク質の純度が高く手間処理も多くなるためにコストが高くなってしまう点だけ知っておくようにしてください。

まとめ

お腹が弱い人や副作用が気になる人にとっても心配のいらないHMBは、海外製のものでなければほとんど心配する必要がないということがわかってもらえたかと思います。

ただ、トレーニングの効果を最大限に発揮することを考えるとHMBだけを飲むのでは物足りないのでその他の栄養成分を摂取している人が多いです。

そのため、腹痛に悩まされている人はHMBだけでなくその他の成分によって引き起こされている可能性が高いので気をつけて摂取をしていきましょう。